FC2ブログ

Un-Choke

少し肩の力を抜いて、子どもを眺めてみようかな

# プロフィール

m.ataro

Author:m.ataro
3人の子どもの育児に日々てんやわんやの母が綴る
書き留めておかないと消えてしまうささやかなこと達の記録です

# 最新記事

# have a nice day!

# Thanks for coming!

# mail

お気軽に。

名前:
メール:
件名:
本文:

喜びます。

おまけ布で手帳カバー & バルーンスカート・改

以前作ったHooray!さんのバルーンスカート。
裾ゴムのくしゅくしゅのボリューム感がどうもちょっと可愛いすぎて
着ていて気おくれしてしまうもので、
ゴムを抜きました。
IMG_2755.jpg




ちなみにこちらがビフォー
たまたま同じコーデ
IMG_2634.jpg

やっぱ雰囲気違いますね。

このトップスはWBさんのマニッシュパーカーですが、
とても気にいっていて、もう一枚欲しいくらい。
このマニッシュパーカと、ちょうちんパンツを
かなりヘビロテしている日々。

先日
jumble shop oneさんでお買い物をしたときに
おまけに入れていただいた生地で、手帳カバーを作りました。
前々から、カバーを作りたくて、作り方も調べてブックマークして
いたので、やる気になれば早い。

IMG_2763.jpg
いやん♪可愛い(/ω\)
薄手の生地だったので、接着芯を貼りました。

中身は100円ショップのスケジュール帳。
スマホも便利だけど、手帳やカレンダーには
自分で記入しないと、何がいつだったか全く思い出せないので・・・
手帳はいつも持ち歩いています。
IMG_2764.jpg

参考にさせていただいたのは
こちら
とても簡単にできました。
このカバーが傷んだら、次はペンホルダーがついているタイプに
してみよう♪

自分好みのものが自分でできた。それが日々、目に触れる。
それだけで心がちょっと上向きますなー。

次は自分のパンツが縫いたいです。
スポンサーサイト

ガソリン思い出話とマラソン大会

3連休ですねー

今日はバレーの練習もなく、ほっと一息。
お天気も良いし、どこか大きな公園にでも
行けたらと思ったけど
車検の引き取りにくるので、
代車で遠出するのも気が引ける。
自宅でゆっくり縫い物したいところです。

そういえば、先日の帰省、
本当は2日に帰る予定が、元旦に帰ることになってしまって。
旦那が「あー、ガソリンが結構ギリギリなんだよねぇ。
まぁ、途中でどっか開いてるでしょ」っつって熊本を
出発したはいいものの。
通りすがりのスタンド、元旦なだけあって
全部お休みです。

楽観的に見積もって、3時間くらいは走行できる残量でした。
で、自宅までの所要時間も、おおよそ3時間。
でも、エアコンも使うし、高速も走るし、
どうかな、これ・・・・・
と自宅が近づくにつれ、ひやひや、ひやひや・・・・
自宅まであと30~40kmのところでエンプティランプ点灯。

「これ、もしエンジンストップするにしても、
限りなく自宅に近いところだよね・・・・」とか旦那と話しつつ・・・
段々旦那も無口に・・・・

いよいよメーターも最下部・・・だが自宅まであと8分!
というところで、地元のセルフスタンドが開いているのを発見。
後光がさして見えました。
もうこれからそこをご贔屓させていただきますよ。

で、この期に及んで「セルフってやったことないんだよね」とか
言い出す夫。
アホかいなー、と思いつつ、口には出さず、
「画面の指示通りにやればいいんだよ」っつって。

いやー、ひやひやしました。
調べてみたら、車種にもよるけど、ランプがついた時点で
50km~70kmもしくはそれ以上走れる残量はあるようです。
でも、それは国産車の規定で、
外国産の車は「エンプティが点いたら、もうエンプティ」な車も多いのだそう。

はい。元旦にスタンドは開いてない。年始の教訓です。
何でも人任せにしない。年始の教訓です。(いや、これくらいは
頼りにさせてくれよ・・・)

昨日は、市の健康マラソン大会でした。
ちょうど配車当番で、「寒いのは勘弁!」と思っていたら
なんだかとても暖かい一日で。よかった。
毎年、バレー部で参加するのですが、うちの娘は
これが初体験(昨年は風邪で出られなかった)。
なんと張り切って、3年生の部で4位に入りました!
いつも走り込みの練習のときには
同じ3年生のなかでは2,3番目だったので
本人もすごく頑張ったのだと思います。今回、部員3年生のなかでは
トップでゴールしました。
ゴール直後、気分が悪くなってしまいちょっと心配しましたが、
お昼には復活して、午後からの練習も乗り切りました。
不器用な負けず嫌いの長女の側面を垣間見た気がして。
でも、自分でかけたプレッシャーに自分で打ち勝てた良い
経験になったのではないでしょうか。

昨日は、部の鏡開きも併せて行ったので、
学校の家庭科室を借りて、部員の保護者で豚汁とぜんざいを作り、
部員と監督コーチに振る舞いました。
家庭数が少ないので、こなさないといけないことはたくさんありますが
和気あいあいと楽しい一日でした。

また来週末は、土・日と大会が入っています。
道路凍結しませんようにーーー
部員がインフルや風邪で欠員がでませんようにーーーと
願っているところです。

ポルカドロップス あおりトート 2つ目

コートの残り生地で、
ポルカさんのあおりトートを作りました。

IMG_2742.jpg

ちょっと持ち手が厚くなりすぎて
若干持ち辛い。
使用しているうちに多少馴染んでくるでしょうか。

縫い代が激厚になってしまい、
とてもじゃないけどバイアステープなんかじゃ包めないので
4cmの綾テープで処理しました。4cmだと今度はテープの幅が
広すぎて都合が悪いのですが、自分用なので気にしないことに。

あおりトート、とてもコンパクトですが、
荷物はしっかり入ります。
IMG_2743.jpg
40cmのファスナーは、一代目あおりトートを解体して
再利用しております。
なかに入っているのはこれまたポルカさんのぺたんこポーチ。
(なかにはのど飴と、使い捨てマスクやポケットティッシュ
が入っています)
そして長財布に、小さなスケジュール帳、ハンドクリーム
普段これだけ持ち運べれば十分。

ただ、コートと共生地なので
揃いで持つのは少し気恥ずかしく、これを持つ日はコートを別のに、
ショールコートを着るときは、バッグを別のに、
しています^^;

IMG_2744.jpg
裏地はファスナーに合わせてグレーにしたのですが、
やっぱり表地と同色系にすればよかったかな?

ショルダーバッグにはショルダーバッグの良さがあって
それも捨てきれないのですが、
なんかそれを差し置いても
ついつい使いたくなるような、なんかそんな可愛さのある
パターンなんですよね、このバッグ。

さあ、次は何縫おう。
妄想だけはしているのですが、なかなか手が追い付きません。

火曜日に3学期がスタートしましたが、
息子も今のところ順調に支援センターに行き、
長女も次女もそれぞれ元気に通い、だんだんと
普段のペースに戻ってきたところです。

ちらほら、インフルエンザにかかる人が
この辺りでも出てきました。
食事と休養、しっかりとっていきましょう!

タイニーショールコート完成 と 2019布買い初め

IMG_2737.jpg

年末からかかりきりだった
タイニーショールコート、
遂に完成致しました!!

あぁーーーー
達成感!

ボタンは、結局WILDBERRYさんで買っていた
ショートコート用のボタンを使わせていただきました。

スナップボタンは14mmのものしかなかったので
それを使いましたが、17mmとか20mmあったほうが
留めやすいかもしれないです。

息子が現在通っている学校教育支援センターが
入っている建物の隣に、
古びたクリーニング屋兼手芸店がありまして。
外から見ると「やってる?」って感じの、
足を踏み入れるのにちょっとためらう感じの
ふるーいお店があって。
そこにシャッペスパンと、手芸用品が、
実はぎっしり詰まっているという事実を
昨年発見。スナップボタンもそこで。

コートに使うのだけれど、、、と
言ったら
おばちゃんに「コート縫ったの!?凄いね!!」と褒めれました^^
今度着て行こう♪

コート、とても着心地が良いです。
まさにそこにこだわって作られたパターンのようですが、
着てみて実感しています。

試しに着たまま洗濯ものを干してみましたが、
何の支障もないです。
あまり重さも感じないし、
見た目はとてもきちんとして見えるのだけれど、
着心地は楽ちんです。

身長154cm
体重50~51kg がSサイズを着ています
IMG_2728.jpg

衿はもうちょっとしっかりアイロンで押さえたほうが良いのかもしれない。
(これはボタンをつける前ですね)

時間と手間はかかりましたが、
できた!私にもできた!!
手縫いが下手くそすぎて、裏側はお見せできませんが・・・

材料費は型紙含め、大体11000円くらいでした。
表地も裏地も、お得に買えたものだったので
これでも控えめな金額だと思います。
大事に着ます。

そして、今回かなり厚地で縫ったので、
もうちょっと軽めの生地で、スプリングコートのような
雰囲気のものも、縫ってみたいなぁと思ったり。
裁断と芯貼りは大変でしたが、縫い合わせ自体は
難しくなく、ポルカさんも言っているように
器用さより丁寧さ、が必要なのだと思います。
あとは手順書通りにする素直さ、も。多分。

裏地に使ったベンベルグ、
背中のタックを縫うのに苦戦したので、
次に縫う時は、腕のみにキュプラやポリエステルを
持ってきて、後ろ身頃の裏地には縫いやすい生地を
使っても良いかもしれない。

途中、何度も
「自分でコート縫うとか、酔興だなぁ」と思いました。
が、こんな酔狂な趣味が持てて幸せだなぁと今、思います。

コート一着に、こんな手間がかかっているということを
自分の手先を通して知ることは、
安値で売られているものの(安物が安値で売られている
だけでなく、それ相応に作られたものが実際の価値より安く売られている)
背景に想いを馳せたり、
ものを大事に扱ったりすることにつながる気がします。
自分の毎日の生活をもう少し慈しんでみても
よいのではないかな、
と思うきっかけにもなりました。

服だけでなく、食事をきちんと素材から作るとか、
おやつを手作りするとか、パンを捏ねてみるとか、
便利で何でも買える今だけど、
自分の日々の生活に少し、できる手間をかけることで、
お金では得られない何かを受け取れるような、
そんな気がします。

それこそが贅沢なのかもしれませんね。
良い勉強になりました。

さて、新年一発目の布買いはこちら。
IMG_2731.jpg
インスタでjumbleshop oneさんをフォローしているのですが、
そこで見て一目ぼれ・・・

可愛いではないかーーー

わかる人には説明は要らないと思いますが、
今や大人気のゲームソフト「マインクラフト」のプリント生地です。
輸入物なので、割高ですし、送料もかかるのですが
買ってしまいました。

息子に何か、作ります。
長女も次女もマイクラ、大好きなのでね。ハギレまで余すことなく
活用する所存。
ちなみに商用利用不可の生地でございます。

jumbleshop oneさんは初めて利用したのですが、
IMG_2733.jpg
こんなサンプル生地と、ハギレもおまけに
つけてくださいました。
サンプル生地、どれも素敵です。嬉しいなぁ。

年末、押し入れの整理をしていたら
改めて自分がとんでもなく生地を所有していることがわかったので
今年はとにかく縫う!着る!!
買ったまま作ってない、なんてパターンも
出てくる出てくる・・・・^^;


昨年、スポーツ選手のメンタルコーチをしている
飯山晄朗さんの講演を聞く機会があったのですが、

人間、
「できない」とか「無理」とか思うことって、
ただ、自分が、過去のできなかった経験を
記憶している「だけ」なのだそうです。
うまくいかなかったことや失敗を記憶している
「だけ」なのだそうです。
だから、だからといって「できない」わけではないのだそうです。

これを聞いて
「へ?」と思いました。「それだけ?」と思いました。
自分には無理ーと思っていることが、
実は無理ではない。自分だけが無理だと思っている可能性大なのだそうです。

今回のコートもそうです。
今までの自分なら、無理かも・・・とか思ってましたが、
うん、無理じゃなかった。できた。

物事は意外とシンプルなのかもしれないですね。


タイニーショールコート 完成間近

途中経過、途中経過、言い過ぎですね。
裏地付きの本格的なコートは初めての挑戦なもので、
更にそれが
良い感じにできてるもので、嬉しいのですね。

残すはスナップボタンとボタンをつけるのみになりました。
写真はアイロンで整える前なので少し裾がうねうねしてますね。
6D58208F-C0F7-4779-B79A-154F53AE5788.jpg
インスタの写真の使い回しです

思ったよりずっとAライン。
きちんとした印象になりますね。
カーブが綺麗なだなぁ、と型紙カットしているときに思いましたが、
着るとこんなふうになるのですね。

右端は、同じくポルカさんのロングテールスカートと合わせてみたものです。

スナップを買い忘れていたのですが、近所に売っているところがあるかなー。
あとは肝心のボタンですね。どうしよう。

ところで、このコートの手順書、カラー写真とイラストで最初からずっと
丁寧に工程を追っているのですが
最後の裏地の返し口をとじるところだけ、詳しい記載がないのです。
何?!ポルカさんったらツンデレなの!?
ここまでできたんだから、最後は言わなくてもできるでしょ、的な?
あぁん、いけずぅーーー!

せっかくここまで手順通りに(結果的にできなかった部分は
あるにせよ)進めてきたので、最後までちゃんとしたい。
だけど、自信がないので、持っている本で調べてみる

これ、確か、洋裁始めて1年くらいで買ったやつ
「いつかは!」と思って買ったのです。
やっと出番。

だがしかし。
この本に載っている裏地付けの方法と
ポルカさんの方法は
幾分違っていた。
この本に載っているのはどうも「ふらし」という裏地の
付け方のようですね。
ポルカさんのはどんでん返し。

結局、よくわからないので、目立たないようにまつって
とじればいいのよね?
という結論。

ポルカさんのインスタかHPで
ラジオ体操くらいならできる
と書いていた気がして
実際、着て運動してみたのですが
肩回りが本当に楽です。
キュプラの滑りの良さもあって
コートの重みをあまり感じないのです。
この辺り、HPに詳しく説明されていますが、
それを「なるほど、こういうことか!」と自分で作って
自分で体験できるって面白い。

154cm、51kgがSサイズを着ております。
背幅38cm、肩幅42cm
肩幅が心配でしたが、私の場合
このSサイズがどこもかしこもちょうどよく感じます。
ただ、これ以上肩回りにお肉がつくと、ちょっと厳しいかな。
私は腕や肩にはあまりお肉がつかないので
気を付けていさえいればずっと着られるはず。
あとはあまりに厚手のものをトップスに持ってくると
ちょっと窮屈になるかもです。
インナー2枚重ねにセーターくらいだと、許容範囲。
袖丈もちょうどよい♪

今、アウターが一着しかなくて、それは2016年の12月にソレイユさんの
タフタフリースキルトで作った、RICKRACKさんの
キルトジャケットなのですが、
こちらは、M~Lサイズだけど、ちょっと肩が窮屈でして。
1日着てると、ちょっと肩が凝る。
でも、とても温かいし、ショート丈なので動きやすいのです。
3回目の冬となると、さすがに裏のフリースがちょいと毛羽立ってきたり
表のキルトのステッチ糸が切れてしまった箇所もあって、
これはこれで新しいのが欲しいなぁ、と、思ったり。
このポルカさんのコートは、普段私が着るにはちょっとお上品過ぎ
というか「今日どっか行くの?なんかあるの?」みたいな感じが
若干漂うので^^;
着ます!着ますけど、バレーの応援とかにはもうちょっとカジュアルな
感じのが気持ちにフィットするなぁと。

ちなみに用尺に合わせて買った140cm幅2.5mの生地は
かつかつに裁断すると、小ぶりのバッグが作れそうなくらい
余りました。ので、ポルカさんのあおりトートを作ろうと、
裁断だけ済ませました。

さて、冬休み最終日。
バレーも2学期ほど試合や大会はないものの、
いろいろな行事がどんどん入って来ています。

気を引き締めて、新学期スタートしたいところです。

# 検索フォーム

# entertainment!

shopping is...

# ★★★

Un-Chokeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2Ad