FC2ブログ

Un-Choke

少し肩の力を抜いて、子どもを眺めてみようかな

# プロフィール

m.ataro

Author:m.ataro
3人の子どもの育児に日々てんやわんやの母が綴る
書き留めておかないと消えてしまうささやかなこと達の記録です

# 最新記事

# have a nice day!

# Thanks for coming!

# mail

お気軽に。

名前:
メール:
件名:
本文:

喜びます。

登山に行って参りました

私の住んでいる大分県の国東半島は
「仏の里」とも呼ばれていて、
神社や仏閣がたくさんあります。

その一つである、両子寺。
こちらのお寺に両子山の登山道があるのですが
そちらに昨日、登って参りました!

発端は、息子が「山登りしてみたい」と言い出したのがきっかけ。
でも、本格的な登山やトレッキングは私もやったことがない。
この両子山なら、小学生のときに子ども会で登った記憶があって、
きっと息子にも登れるんじゃないかと。
母に話したら乗り気になったので、紅葉の頃、パートが休みのときに
登ろうよ、と計画を立てておりました。
本当はその前日の予定だったのですが、例の蕎麦打ち体験に行って
疲れ果てた息子の体調がいまいちだったので一日延期しました。
息子は支援センターをお休みしてレッツゴー。

IMG_2459.jpg
もっと紅葉が深くなっているかと思いましたが
そこまででもなく。

記憶のなかでは、きゃあきゃあ走って登ったような思い出だったのですが、
いやー、きっついきっつい。
本当に「これ45度はあるよね」って傾斜もあり、
太ももがパンパンに。
息子もすぐに汗だくになり、登り始めて10分くらいで
「きつい、無理」と言い出す始末。
ゆっくりゆっくり、休憩しながら、なんとか誤魔化したり(笑)
励ましたりしながら、
1時間10分ほどかけて山頂へ。

IMG_2471.jpg


IMG_2464.jpg
がーん!!
何も見えない~~~!

お天気が良ければ、別府湾や姫島が見えるはず。
何はともあれ。登頂できたと息子のテンションも上がり
「あきらめなくてよかったわー」と言っていました。

ただ、それだけの傾斜を下るのがまた大変で。
息子、途中で、勢いづいて止まれなくなり、
派手に転びました。パンツの膝がぱっくり裂ける!
それでも、どうにか足に負担のかからない歩き方を
模索しながら、下りて来ることができました。

あまりに急な下り坂は、後ろ向きに歩いたり・・・

IMG_2474.jpg

IMG_2477.jpg
母が杖を持って来ていたのですが
これがとても役に立ちました。
私は手ごろな枝を拾って杖替わりについていきましたが
あるのとないのとでは大違いでした。

山頂は肌寒かったので、山の中腹でお弁当を食べました。
ただのおにぎりがとても美味しく感じました。

IMG_2478.jpg

これまで、身近すぎて、
あえて近所の神社仏閣をめぐりたい、という思いはなかったのですが
やっぱりお寺に流れる静謐な空気は
気持ちのよいものですね。

帰りには国宝である富貴寺へ寄ってきました。
双子寺からさらに車で15分ほど。
現存する九州最古の木造建築物だそうです。

IMG_2479.jpg

IMG_2481.jpg
本堂のなかは撮影禁止でございました。
重要文化財の阿弥陀如来座像をじっくり見たかったのですが。。。
息子が、この境内の銀杏のにおいに撃沈してしまい・・・・
気分が悪くなってしまったので、
ほぼ素通りしただけでした(´Д⊂

今までは当たり前すぎて不思議に思ったことはなかったのですが
ここ国東半島は神仏習合発祥の地とも呼ばれ、
古くからの家では、必ず仏壇の隣に神棚があります。
(仏壇の隣の床の間に神様を祀る)

特に特定の信仰があるわけでもない私ですが、
私たちはこれまで脈々と受け継がれてきた命の、時代の先端に
いるわけで、そのご先祖様が必死に生き抜いてきた時世のなかでは
きっと、いちばんの自由といちばんの豊かさを享受できている
世代ではないかと思うのです。
そのことが、当たり前に用意されたわけでなく、
膨大な時間の命のバトンの先に、たまたま私がいる奇跡のようなものに
思いを馳せた時間でした。

というわけで、また母の休みに合わせ、
今まで行ったことのなかった、でも貴重な文化財の数々に
触れに出かけてみようと思います。
スポンサーサイト

支援センターで蕎麦打ち体験

息子が通っている支援センターでは
陶芸をしたり蕎麦打ちをしたり、図書館に行ったり、
わりと屋外に出て行う活動もあります。

息子は、今までそういったものは「無理」の一点張りで
なかなか参加できずにいました。
今回は蕎麦打ち体験ということで、
これは私が面白そう!と思い、また同行(というか
連行)して来ました。

初めての場所、初めての体験、
そういうものは息子にとっては恐怖でしかないようです。
今回も体験の数日前からずっと「行きたくない、怖い」を
連発していました。

息子は愛用の毛布があって、それが精神安定剤になっています。
当日の朝「車に毛布を積んでいく」という始末。
(先日、転院先の病院を初受診した際も毛布を積み込みました)
とりあえず毛布と一緒に乗り込み、センターに行き、
自家用車で行くことを伝え、現地へ向かいます。
朝はブルーだった気分も、途中で少し持ち直したようで、
トイレ休憩で停車した際に、センター長から
「こっちのワゴンに一緒に乗るかい?」と言われると
素直にワゴンに乗り込んでいきました。

そのトイレ休憩をとった場所は、ゲーム好きな中学生と
落ち合う場所だったのですが、
その中学生が加わったことで、一緒にしゃべりたいという
気持ちが息子にあったのだと思います。
中学三年生なので、なんというか適度にスルー、適度に拾うという
会話をしてくれて(でないと息子と会話するのは結構大変)、
大人な対応をしてくれるので息子も気が楽なのだと思います。

最初、慣れない匂いに、思わず建物の外に出てしまいましたが
放っておくと自分でまた入ってきました。

IMG_2443.jpg
そば粉と水を混ぜ合わせます。
右端に見えるのが息子の手です。
口では文句言いながらも、手は出る、みたいな。

水を2回に分けてくわえ、
ひとつの塊にまとめていきます。
IMG_2445.jpg

IMG_2446.jpg
丸く形を整えたら、手のひらでてっぺんを平たく。

IMG_2447.jpg
うち粉をふるって、まずは手のひらである程度平たくしていきます。
周囲を手のひらで均一に伸ばしていき、まんなかを伸ばす。
それを繰り返します。
IMG_2448.jpg
ある程度平たくなったら麺棒を使って。

IMG_2449.jpg
またある程度の薄さになったら
今度は生地を麺棒に巻き付けながらさらに薄くしていきます。

IMG_2452.jpg
方向を変えながら、最終的に生地が長方形になるように
伸ばしていき、それを畳んでカット!

手際のよい指導のおかげであっという間に出来上がりました。
この日は子どもたちは4人だけの参加だったのですが、
皆とても協力的にそれぞれのペースで活動していました。

IMG_2453.jpg
出来上がりは不揃いでしたが、
十割蕎麦、とても美味でした!!

皆、お弁当も持参していて、お蕎麦とお弁当をいただいたのですが
ここで、息子は他の子のお弁当のにおいにやられてしまい・・・
蕎麦にはあまり口をつけず。
私は息子のぶんと2杯ぶんのざる蕎麦をいただいたくことと
なったのですが、ぺろりと平らげるくらい美味しかったです。

私も蕎麦を打ったのは初めてで。
うどんは塩を入れたり、寝かしたり、という工程があるけれど
蕎麦にはそれがないことは初めて知りました。
さらに、うち粉も、そば粉を作るときにできる粉を使わないと
他の粉では水分を吸ってしまって打ち粉の役割を果たさない、
なんてことも初めて知りました!

食べた後はアスレチックや公園で遊ぶ時間。
息子も機嫌よく他の子と楽しそうに遊んでいたので
もう大丈夫だなーと思い
「幼稚園のお迎えがあるから先に帰るよー」と
お先にお暇しました。

自宅から車で50分ほどの場所だったので、
家に帰り着いて、幼稚園のお迎えまでの間、
「あー、家に自分一人でいるってなんて珍しいんだ」と
しみじみしてしまいました。

いろいろ障壁はありますが
(今回もやはりいろんなもののにおいに気分が悪くなったり
していました)
それが受け入れられる環境では
いろいろな活動ができつつあるなぁと
改めて思いました。

本当は、今日、私の母を誘って息子と
山登りをする予定だったのですが
昨日、あちこち走り回って遊んだ息子が
「からだじゅうが痛い」
というので泣く泣く延期に。。。。。

うーん!!!

パターンレーベル スクエアリュック 4こ目 次女用

次女にリュックサックを作るとの約束がずっと
反故になっていたのです。

やっと完成。

今通っている幼稚園。息子が入園したときに市の指定の
通園バッグを買いました。息子が2年間使用し、
長女のときは指定バッグと私物バッグが半々くらい。
長女も一応、指定バッグを2年使いました。
そして時は流れ・・・今、園で、指定バッグを使っているのは
次女一人。。。
他の子は市販のリュックで通っているので、
次女も可愛いのがいいだろうなぁ、リュック作らねばなぁと
思いながら早半年。

やっと重い腰を上げました。

生地は、全部、次女が選びました。無地なし!全部柄!!

でも本人が喜んでるから、いいか♪

パタレさんのスクエアリュックMサイズ。
なんとこれで4つめ。
最初の二つは使い古してしまったので、丁寧に解いて、
副資材は全部再利用しました。

IMG_2437.jpg
入園のときに絵本バッグと上靴入れを使った生地の
残りをメインに。

今回、PPテープの持ち手は省略しました。

そして、このMサイズ。
長女が背負うと、ちょうど、肩紐の部品が肩のところにきて
痛いのだそうです。
さらにPPテープが肩紐だと、遠足のときなど長時間の使用では
疲れてしまう気がして。
今回、肩紐は共布で自作しました。
IMG_2438.jpg
snappylifeさんのくるくるバックパックの肩紐の型紙を
適当に縮小して使いました。
キルト芯を挟み込んでいます。

背中に当たる部分(背胴)にもキルト芯を2重に入れてみました。




IMG_2433.jpg
身長100cmがかるうとこんな感じ。
ちょっと大きめですかな。とても喜んでいます。
もうすぐ遠足なので、「リュックができるまではスプラトゥーン禁止!!」と
言われていまして、それはいかんと急ピッチで作りました。
(今まで遠足には長女のを借りていたのです)

これまでは、テープで縫い代をくるむという最後の手順のときには
ミシンの限界を感じていたのですが、
今回は、ノーストレスで縫えました。
やはり職業用。パワーの差を改めて実感。
4つめで、要領がわかってきたのもありますが
いちばん綺麗に仕上がったと思います。

ニーリフトの扱いにもだいぶ慣れてきました。

次は何縫おうかなー。
息子パンツに行く前に、1着自分用を縫いたいな。

そうそう、このリュックサック、
1にも2にも、合印とノッチをしっかりと入れ、
パーツ名がわかるようにしておくというのが
一番のポイントな気がします♪

『かわいいキッズの定番パンツ』よりショートパンツ

今回初めて、ニーリフトを取り付けてみました。
たった一つ慣れない動作が増えるだけで
始めはまるで脳トレをしているような戸惑いがありましたが、
縫い終わる頃には少し慣れたかな。
慣れるとまた作業効率が上がると思います、きっと。

肌寒くなってきましたが、なぜか「ショートパンツがいい」というので
ハギレ消費をかねて姉妹に。

(※↑リンク貼ってみましたが、定価より高いです!!※)
よりショートパンツです。enannaさんデザインのもの。
サイドにタブを縫い付ける予定でしたが、手順を飛ばしてしまい。。。
省略!

IMG_2413.jpg
こちらは長女用サイズ130。

生地は、ソレイユさんのコットンテンセルツイル マスタード
もうずいぶん前の生地ですが、ちょっとしたハギレが残っていたのを使い切り。

IMG_2414.jpg
こちらは次女用サイズ100。
生地はマルイシさんの動画パックより。
少し起毛したあたたかみのあるツイル生地です。

ポケットが後ろにも2つつきますし、ダブルステッチの箇所も多いので
ショートパンツといえどもそれなりの時間はかかりましたが、
この前パンツの大きめのポケットがアクセントになって可愛いですね。

レギンスやタイツと重ね履きしてこれからの季節も活躍しそうな
色味です。

ポルカさん新作のハイネックブラウスを縫ってみたい!と思うのですが
息子パンツ足りないのと、
次女用にリュックサックが必要なのでそちらを先に。
10月11月と、ほぼすべての週末にバレーの練習試合や大会が入っていて
土・日と続く日もあるので、なんだか残り2か月あっという間に過ぎそうな予感。

今日から11月ですね。
今週月曜日に、病院へ発達検査を受けに行ってきましたが、
息子のコンディションが悪く、半分しかできませんでした。
残り半分をまた今月受けに行き、
来月の上旬には結果が出そうです。
その結果を踏まえて、来年度の息子の居場所としてどこが
適しているのか、また色々な方の意見を聞きながら考えたいと思います。

発達障害に用いる薬として
リスパダールとストラテラを医師より紹介されました。
服薬することで、苦手なことに取り組めたり、感覚過敏を和らげたり
できるのだそう。
今まで通っていたところでは漢方しか処方されなかったので、
今回転院して、こういった精神疾患に処方される薬を紹介され
(強く勧められているわけでもないのですが)
正直戸惑っています。(転院して小児精神科になったので
当然と言えば当然かもですが・・・)

現状、例えば、人に危害を与えたり、器物破損したり、といったことが
ないのでですね、個人的には、飲ませたくない、という考えです。
先生にも、「積極的には使いたくない」ということを
お話ししてきました。

私自身、過去にうつ病&パニック障害を患っており、
そこで、自分に合わない薬で余計に苦しくなったり、
逆に、合う薬で楽になったり、と
どちらも経験しています。
ただ、こういった薬の場合、
量が増えていくのではという不安、薬がないと何もできないのでは
という不安、
そしてそういった不安だけでなく、
何らかの理由で服薬を中止しないといけなくなった場合、
離脱症状が出たりして、心身ともにとてもきつくなるケースも
自分自身で経験しています。
子どもは、体も内臓も発達途上ですので、
できれば、今はまだ・・・という心持ちでいます。

本人が薬を飲むことで、いろいろな意欲が出てきて
行動を起こし、それが自信につながる、
といった可能性も魅力的ではあるので
迷っているわけですが・・・

今は漢方をさぼっていて、家にたくさん残っているので、
またそれを飲んでみて少し様子を見てみようかな、と
考えています。

支援センターには、また、センターが開いている日には
顔を出すことができています。
もう、2学期も折り返しですね。
焦っても仕方ないので、気を落ち着けて過ごしたいと思います。

COZY サルンパンツM フルレングス

今まで使っていたミシンは、
ストップしたときに針が上の状態で止まっていたのですが、
SL-300EXは、生地に針が刺さった状態でストップします。

たったそれだけのことですが、操作性がとても良い!
くわえて、ボタン一つ(もしくフットとコントローラー)で糸切りが
できるので、これだけのことでもずいぶん効率が増した気がします。

狙っているところに針が落ちる感覚
縫いたいところをピシッと縫える感覚
どちらも、今までにない快適さを感じています。

段違いです。

ニーリフトはまだ使ってないので、そろそろ挑戦してみようかと思います。

冬用のフルレングスのパンツが欲しい、と思い、
COZYさんのサルンパンツ縫いました。

今年の1月に、ハーフ丈で作っておりました(記事はこちら
この、黒の生地で、この感じがとても気に入っているので
フルレングスver.も黒で!

IMG_2404.jpg

フルレングスは膝下に切り替えが入ります。
ハーフ丈にフルレングス分をプラスする感じになります。
前後パンツがつながっているので、この切り替えが良いポイントに
なるのかな。

穿いてみて驚きの細見え加減。
IMG_2408.jpg

トップスと同化しちゃったので着替えました
IMG_2407.jpg

膝下がシュッと絞ってあるのでハーフ丈よりフルレングスのほうが
細く見えるかもですね。
ヒップまわり、太ももまわりは、ゆとりがあります。

ダーツの入ったぷっくりポケットが、よい仕事してくれているのだと思う。
前後パンツつながっているので、あっという間にできます。
デニムでも作りたい気がしてきた。

生地は、ソレイユボックスに入っていたもの。
3年ほど前のものかと・・・
ただの黒ではなく、よーーーーく見ると、
とても細かなコードレーンのような模様(織り?)が
入っていて、ニュアンスのある生地です。

ガンガン穿きます。


# 検索フォーム

# entertainment!

shopping is...

# ★★★

Un-Chokeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2Ad